周りを惹き込んで夢中にさせる目元作り|パッチリ二重で魅力アップ

目元の整形手術

目元

埋没法が人気です

アジア系の女性は、骨格の形状の関係で、まぶたが一重になっている人が多いです。欧米人の場合はまぶたが二重になっていて当たり前といった感があるため、東洋人の一重まぶたにミステリアスな魅力を感じるという欧米人が少なくありません。アジア女性が世界的なファッションモデルとして成功するためには、一重まぶたも大きな武器となるくらいですから、一重まぶたであることを引け目に感じる必要は全くないということになります。しかし、自分が持っていないものに対して羨望の念を抱くのは、ある意味でとても自然なことです。日本では、実際に多くの女性が二重整形手術を受ける目的で美容外科クリニックを受診しています。昔はまぶたをメスで切る切開法による二重整形手術が一般的になっていましたが、現在では糸を用いて二重のラインを作る埋没法による手術が主流になりつつあります。埋没法による手術の場合は、皮膚にメスが入れられないため、術後の腫れがあまり強くありません。また、手術を受けた翌日から普段通りのメイクをすることができます。おまけに、見た目の違和感が少ない自然な形状の二重にすることができるため、美容整形手術を受けたことを周囲の人に気づかれずに済む可能性が高いです。現実的なことを考えると、美容整形手術に対してあまり良くないイメージを持っている人が今だにたくさん存在しています。ですので、治療を受けたことを周囲に気づかれずに済ませられる方が、何かと都合が良いのは事実です。そのため、埋没法による二重整形手術が大人気になっています。

覚えておくべき点

埋没法による手術には、切開法に比べるとはるかに料金が安いというメリットがあります。クリニックごとに手術料金にバラつきが生じていますが、切開法による手術の場合は、両目で30〜40万円が料金相場になっています。それに対して、埋没法の手術料金は両目で10万円以下であるのが普通です。そのため、お金をあまりたくさん持っていない若い女性を中心にして、埋没法が高い人気を集めています。しかし埋没法は、気軽に受けられる一方で注意が必要な点もあります。それは、形状が戻ってしまう場合がある、ということです。埋没法はまぶたの皮膚に切れ目を入れるのではなく、手術用の糸でまぶたを留めるだけの手術ですから、元の一重まぶたに戻ってしまう場合が稀にあります。特にアレルギー体質で、目を頻繁にこすってしまうクセがある人は注意した方が良いでしょう。普通にしている限り、まぶたを留めている糸がそう簡単にゆるんでしまうことはありません。しかし、頻繁にまぶたをこすっていると、どうしても糸がゆるみやすくなってしまいます。ですので、花粉症などでまぶたを頻繁にこするクセがあるという自覚がある人は、埋没法ではなく切開法による手術を受けた方がよいかもしれません。また、埋没法による手術を受ける場合でも、1ヶ所だけで糸を留めるのではなく、2〜3ヶ所で糸を留めてもらうようにした方がよいです。糸留めの個数が多くなれば、その分だけ糸がゆるみにくくなります。また、クリニックの中には、点ではなく線で留めることで二重の持ちをよくしているところがあります。切開法に比べると、埋没法の方が一重に戻るリスクが高くなるのは事実ですが、その問題を解決するための様々な方法が考案されています。一口に埋没法と言っても、具体的な手術方法には差がありますので、事前によく確認してみることが大切です。